ITパスポートの合格率と受験者層

ITパスポートの試験が、社会人の誰にとっても必要な、ITの基礎知識をサポートしている試験だということはわかった。でも実際にはどんな人たちが受験をしているの?受験者数や合格率は?このサイトをご覧のみなさんには、いちばん気になるところかもしれませんね。以下では、情報処理推進機構(IPA)が公開している、過去の試験データをもとに、その部分について解説してみます。まずは、過去結果をご覧ください。

●ITパスポート試験の結果

平成21年度春季試験

応募者数 46,845人
受験者数 39,131人
合格者?? 28,540人
合格率?? 72.9%

平成21年度秋季試験

応募者数 71,856人
受験者数 61,313人
合格者?? 31,080人
合格率?? 50.7%

平成22年度春季試験

応募者数 63,680人
受験者数 52,299人
合格者?? 22,098人
合格率?? 42.3%

●情報処理技術者試験のなかで3番目に高い受験者数!

ITパスポートの試験は、毎回4万~6万人の方が受験しています。この受験者数はたくさんある情報処理技術者試験のなかでも、3番目に高い数字を示しています。試験スタートからそれほど期間が経過していないことを考えますと、とても人気の高い試験であることがわかります。
肝心の合格率ですが、平成21年度春季試験の合格率は72.9%、秋季試験は50.7%、そして平成22年度春季試験の合格率は42.3%でした。回を追うごとに合格率は下がってきてはいますが、それでも10人のうち4人は合格している実績があります。
『すべての社会人が備えておくべき情報技術の基礎知識の習得を支援すること』。試験主催団体のそのようなねらいもあるため、たくさんある国家資格のなかでも、比較的合格しやすい試験になっているようです。

●学生のみなさんの受験が全体の4割を占めます

それではITパスポート試験は、どんな人たちが受験しているのでしょうか。平成22年度春季試験の受験者数(52,299人)の内訳をもとに、属性や業種別に、受験されているみなさんの様子を詳しく見てみましょう。
まず受験者が社会人か学生かで大きくわけてみると、この回は社会人が約32,000名(62%)、学生が約20,000(38%)という結果でした。受験生の4割近くは学生の方で占められているということですね。社会に出たら必ず必要とされる知識だから、就職活動に備え、時間に余裕のあるうちに取得しようと思っている学生さんが多いようです。

社会人の方の受験を業種別で見ると、ソフトウエア・コンピュータ機器メーカーなど、いわゆるIT系業種の方が約10,000人受験しています。IT業が専門の職場でも、ITパスポートで学んだ知識は十分に活かされるということ。学べるレベルはなかなか高いです。次いで製造業とサービス業が2500名、金融・保険業、不動産業1200名と続いています。メーカーや金融、サービス業など、どんな業種への就・転職を希望される方にもITパスポートは役立ちます。

では学生の受験者層を見てみましょう。トップは高校生の受験者で8700名、次いで四大生7000名、高専・短大生800名と続きます。合格しているかどうかは定かではありませんが、小・中学生の受験者も若干名います。
IT業界で働く社会人から小学生まで、本当に受験者層が幅広い試験ですね。ITパスポートはそれだけ注目を集めている国家資格なのだといえるでしょう。